最近導入が増えているPOSレジ

ショッピングをするときにはレジを通りますが、レジにも種類があるのをご存知でしょうか。従来型のレジはキャッシュレジスターと呼ばれます。最近では、POSレジが主流になってきています。店舗で商品やサービスの金額を計算、記録し、不正を防ぐために生まれたレジスターは、機械からやがてパソコンへそして最近ではさらに進化し、クラウド連携したタブレット型へと進化しています。POSレジとはPoint Of Salesという英語の頭文字を取っています。これにはお客さんとやりとりした時点での販売状況を管理するシステムを搭載したレジです。ネットワークに繋がったレジから、販売情報が集約されているのでそれが蓄積し、データが分析されていくと、お店や企業の売上改善を図る時に役立ちます。これによって店舗を改善する目安が図れるようになってきたのは大変便利なことです。

パン屋さんなどの小売業にPOSレジを

POSレジは、機械そのもので販売情報管理を行ってくれる便利なレジスターです。大手電機メーカーが競って開発に勤しんでいます。無骨な大きな白いレジが多く、オシャレ感はあまり感じられませんが、利用するととても便利なので、オシャレなケーキ屋さんやパン屋さんなどが、お店の雰囲気を損なわない様なデザイン性のあるPOSレジがもっと開発されれば、インテリアなどに拘りのあるオシャレなお店でももっと幅広く利用してもらえるだろうと感じます。パンなど沢山の種類がある商品に、そのひとつひとつの金額と商品をリンクさせて覚えて行くのはやっぱりとても大変です。レギュラー商品だけではなく、季節の商品だって存在しますから、なかなか完璧に覚えるのは難しいです。POSレジを使えばあらかじめ画像と価格を入力しておくので、ざっくり覚えるだけでもある程度大丈夫です。

POSレジの導入から運用・保守を考慮する

POSレジを導入する時には機器の配置場所を決めていきます。導入環境によってスペースやネットワーク環境などを調整しなければならない場合もありスタッフの動線を考え、綿密な打ち合わせを行い導入後に問題が発生しないように調整する必要があります。POSシステム全体の配置が終了して、メニューや設定を行う時には入力をしなけらばならいない情報、特に価格表などの間違いがあると大変な事になります。入力内容は最大限の注意が必要です。POSレジが設置されたらスタッフも設定マニュアルを確認しておいた方がよいです。POSシステムの日々の運用では自社スタッフがシステム運用できるか人材がいるかによってPOSレジを選ぶ時に変わってきます。保守はレジを購入した時には保証期間をリース・レンタルの時には契約期間と保守費用を確認しておきます。

Comments are closed